動物介在教育-(1)英国の動物ふれあい教育

犬を介在させる学校での情操教育

●英国における動物ふれあい教育

生命の大切さを学び、思いやりの心を育むために、日本の文部科学省は小学校で動物を飼育することを推奨しています。

しかし、英国では夜間・週末・休日・休暇などで人がいないことが多い学校での動物の飼育は、好ましくないと考えられています。

それは、1960年代後半に英国で提唱された動物愛護の基本的な考え方である「5つの自由」から来ています。

5つの自由

① 飢えと渇きからの自由

その動物種・年齢・状態に適した食物と水を与えること

② 不快からの自由

その動物にとっての快適な環境を与えること

③ 痛み、負傷、疾病からの自由

動物が病気やけがに陥ることのないように健康管理をすること。病気やけがをしたときには、その時点における最良の獣医療を与えること

④ 恐怖や抑圧からの自由

動物に恐怖や多大なストレスを与えないようにすること

⑤ 本来の習性を発揮する自由

動物にとっての本来の習性・自然な行動が発揮できるように環境を整えること

英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)の動物ふれあい教育の目標として掲げられているのは、「人・動物・環境に対する共感と尊重を育み、全ての生物は相互依存していることを理解する。」というものです。

基本的には、RSPCAは動物ふれあい教育を環境教育と捉えて、子どもたちへの早期教育を通して、生態系の中での自分たちの存在を認識し、環境意識が高まり、生命の価値を学び、道徳教育が促進され、子どもたちが生きる力を身につけられると提唱しています。

RSPCAは「アニマル・フレンドリー・スクール」を認証していますが、その取得には次のような条件が課せられています。

1. 動物ふれあい教育が授業に取り入れられているか

2. 学校の建物や校庭が動物にやさしくなっているか

3. 課外活動においても動物について学べるようになっているか

4. 校外学習で動物に関係のある現場に行くときにはどんなガイドラインがあるか

5. 学校はゴミをどのように扱っているか

動物についての教育、学校の環境管理、全ての生物に対する尊重と責任、動物と環境を取り巻く問題などについて考えられ、配慮されていなければ認証が得られないようになっているのです。

RSPCAでは、動物と接する場合の簡単な「動物ルール」を提唱しています。

* 全ての動物を尊重する

* 動物のニーズを理解する

* 動物に近づく時は静かに

* 野生動物には触らない

* 野生動物を持ち帰らない

* 石や枝を動かしたら元に戻す

* 動物と遊んだ後は手を洗う

イギリスの教育誌「チャイルド・エデュケーション」(1993年1月)には、動物を取り入れた児童教育のカリキュラムが紹介されています。

・ まず、子どもは自分が飼っている生き物について、子どもどうしで話し合いをします。

・ 次に自分が飼っている生き物の絵を描きます。(飼っていない子どもは自分の顔を描く。)

・ 飼われている生き物が教室に運びこまれ、その飼い主である子どもは他の子どもたちにその生き物について知っている知識や飼い方を説明します。

・ 人間と暮らす動物たちの生態について話し合いをします。
「動物は何を食べたり、飲んだりしているのか」
「活動するのは昼間か、夜か」
「休むときに必要なものはなにか、運動するときに必要なものはなにか」
「なぜ、動物を飼うときに、水槽やカゴなどが必要なのか」
「なぜ、犬は散歩させるときには、首輪とリードが必要なのか」

・ 動物を安全に飼うためにはどうすればいいか
「動物たちはどうやって自分たちを危険から守っているか」

子どもたちは、地球上には人間とともに暮らすさまざまな種類の生き物がいて、それぞれが生きるために必要とされる食べものや環境を持っていることを学びます。そして、生き残るためにいろいろな方法を身につけていることを知ります。

それまでは、「さわってみたい」とか「近くで見たい」といった自分の都合で、動物に接していた子どもたちも、自分の欲求よりも動物の気持ちを優先する思いやりを持つようになります。

ヒューマン・アニマル・ボンド研究の父、レオ・ビュースタットは次のように述べています。

「私たちの周囲にある植物や動物は、われわれの身体の一部です。もし、私たちがそれらを排除したら、それは私たち自身の一部を破壊することになります。

人は生涯、健康でいるためには周囲の植物や動物とかかわりを持ち、接しなければなりません。人と動植物との強い結びつきは、健康な社会にとって大切なことです。」

カテゴリー: 動物介在教育   パーマリンク

コメントは受け付けていません。