犬のしつけ-(12)甘咬みをやめさせる

●甘咬みをやめさせる

子犬の甘咬みぐらいと甘く考えていると、成長してから咬み癖がついてしまうことがあります。

甘咬みをする理由

①歯茎がむずむずする

乳歯が抜けて、永久歯に替わる時期には、歯茎がムズムズするために何かを咬みたくなります。こんな時には、咬んでもかまわないものをあげて、欲求を解消します。

②本能的に動くものを追いかけて、咬みつく

このような行動は犬本来の「捕食性」によるものです。動くものに反応するのです。

③兄弟犬とじゃれていたときの名残り

「遊ぼうよ」と誘う行動が、甘噛みになります。

甘咬みの予防法、対処法

①遊びで、わざと咬ませたりしない

咬まれても痛くないからと、手を子犬の口に入れたりする遊びをしていると、成犬になってからの問題行動につながることがあるので、やってはいけません。

「引張りっこ」で遊んであげる時には、子犬を興奮させすぎないようにします。

②おおげさに反応しない

咬まれた時に大げさに反応すると、子犬は遊んでもらっていると勘違いして、ますますエスカレートするようになります。

無視するか、その場を立ち去って子犬を置いてきぼりにするか、無言でケージに入れます。

③咬まれたときの対処法

子犬が手を咬んだりした時には、しかめっ面で「痛い!」と言いましょう。手を上に上げたりすると、子犬は喜んでじゃれてしまうこともあるので、手は動かさないようにします。

カテゴリー: 犬のしつけ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。