子犬の健康-(5)健康診断

子犬の健康診断

動物病院では、次のような子犬の健康診断を行います。

1. 一般的な身体検査
骨格や運動機能、皮膚や耳の異常(疥癬、耳疥癬)など、外見からの確認をします。チワワやヨーキーなどの小型犬では、泉門(せんもん)と呼ばれる頭蓋骨の穴が残っていたり、後肢の膝のお皿がずれる膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)などが多いので、チェックします。

また、上あごの口蓋にすき間が開いていて鼻腔と通じてしまう「口蓋裂」という先天性の異常もこの時に発見できます。

2. 心臓や肺を調べる
聴診器を使って、心音や呼吸を聴きます。先天的な心臓の異常が見つかることもありますが、全ての先天的な異常を全て見つけられるわけではありません。

3. 尿と便を検査する
回虫や条虫、コクシジウムなどの消化管内寄生虫のチェックと駆除を行います。

4.食餌や生活環境、予防、しつけなどについてアドバイスをします。

カテゴリー: 子犬の健康   パーマリンク

コメントは受け付けていません。