トイレのしつけ-(1)条件反射を使った学習

トイレのしつけは条件反射を使った学習

トイレのしつけは、決まった場所、決まった形などの条件がそろったトイレという場所だけで排泄を起こさせ、それ以外のところでは排泄を起こさせないようにするということを繰り返し行うことで、いつもそのトイレに行って排泄するよう,、いわば体にしみつかせる作業です。

これは、トイレの場という、広い意味での「刺激」に対して、排泄という自律神経系の反応が新たに起こるようにさせるという、「学習」のひとつです。

「条件反射」を使ったトイレの習慣づけ(トイレット・トレーニング)です。

カテゴリー: トイレのしつけ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。