犬の食生活-(9)食物アレルギーの症状と診断

●食物アレルギーの症状と診断

他のアレルギー性疾患との識別はむずかしいのですが、次のような症状では、食物アレルギーが疑われます。

① 外耳炎が何度も再発する。(特に酵母菌)

② 1歳未満の若い時期から中程度から重度の皮膚炎がある。

③ 季節を問わず、一年中症状が続く。あるいは冬に症状が起きる。

④ 強いかゆみがあるが、抗ヒスタミン剤やステロイド剤が効かない。

食物アレルギーかどうかを判断するための方法は、次のようなものです。

① 低アレルギーの療法食と水だけを4~8週間与える。(食物除去試験)

② 消化器症状が2~3日、外耳炎などの皮膚症状が4週間程度でかなり改善された。

③ 再度、以前のフードを少量ずつ与えてみたら、症状が再発した。(食物誘発試験)

④ もう一度、低アレルギー食を与えたら、症状が改善された。

このようなプロセスを確認することで、食物アレルギーと診断されます。

カテゴリー: 犬の食生活   パーマリンク

コメントは受け付けていません。