犬の食生活-(11)しっかり水分を摂らせましょう

●犬の必要水分量

  体重   1日の必要水分量   500mlペットボトル換算

  7kg    515ml           1本ちょっと

  15kg   878ml           2本弱

  30kg   1,472ml         3本弱

小型犬ほど必要とする相対的な水分量は大きくなっています。

ペットショップでは、ショーケースに入っている子犬に、ペットボトル型の簡易給水器で水を与えていますが、水を入れるお椀(ボウル)を置くスペースがない、あるいは、ひっくり返したりすると困るからという理由です。

ペットボトル給水器

外出する場合などに、水飲み容器をひっくり返したりしたときの次善の策として、予備的に簡易給水器を使うことはかまわないと思いますが、普段から簡易給水器からなめて水を飲ませる方法では、十分な水分を摂取できない可能性があります。

恒常的に必要な水分量を摂っていない状態が続くと、将来、泌尿器や腎臓の病気になりやすいという指摘もあります。

簡易給水器は、ウサギやフェレットなどの小動物にはよく使われますが、家庭犬の場合には、たっぷりと水が飲めるように、お椀に新鮮な水を入れておいて下さい。

給水スタンド

あるフードメーカーが200名の飼い主さんに対して行った「愛犬に与えている飲み水」調査では、次のような回答結果が出ています。

 水道水         154名   (77%)

 ミネラルウォーター   21名   (10%)

 井戸水・湧き水      5名    (2%)

 その他           20名   (11%)

水道水を与えていると回答した飼い主さんの多くは、人間と同じで、浄水器でろ過した水を与えているようです。

「その他」には、天然水、イオン水、ペット用水などが含まれていました。

また、「ミネラルウォーターを与えると結石ができやすいと聞いたので、与えないようにしている」という回答も複数寄せられました。

中には、「アルカリイオン水の弱にプロポリスを入れて与えている」という飼い主さんもいました。

特別な水である必要はなく、水道水で十分ですが、こまめに新しい水に入れ替えて、愛犬がいつも新鮮な水を飲めるようにしてあげるのがベストです。

あまり水分を摂ろうとしない犬の場合には、食餌を与える時に、ドライフードはお湯やスープでふやかす、あるいはウェットフード(缶詰やレトルト)を混ぜるなどして、水分補給をして下さい。消化吸収しやすくする効果もあります。

カテゴリー: 犬の食生活   パーマリンク

コメントは受け付けていません。