犬の栄養学-(13)オメガ6脂肪酸(必須脂肪酸)

●オメガ6脂肪酸(必須脂肪酸)

細胞膜が適切に働くようにします。細胞の炎症に関与したり、免疫を抑制する働きもあります。ホルモンを活性化するので、皮膚の健康や被毛の光沢などを良くする働きがあります。

リノール酸はオメガ6脂肪酸の一種で、成長や傷の治癒、肝機能やその他の活動を助ける働きがあります。

必要量は、成犬では、体重1kg/0.22g、子犬では、体重1kg/0.44g。

植物油には、リノール酸が多く含まれています。

植物油の種類とリノール酸の含有率

ベニバナ油       77% (オレイン酸も豊富)

ひまわり油       69% (ビタミンE 39mg/100g)

綿実油          57% (ビタミンE 30mg/100g)

コーン油         53% (とうもろこしの胚芽から作られる)

ごま油          45% (抗酸化物質/セサミノース、ミネラル、ビタミン含む)

菜種油(キャノーラ油) 23% (加熱しても成分変化が少ない。オレイン酸豊富)

オリーブオイル     13% (オレイン酸、ビタミンA、ポリフェノール含む)

γ-リノレン酸は、月見草、ルリチシャなど一部の植物にしか含まれていません。犬はリノール酸をγ-リノレン酸に変換することができ、さらに、リノール酸を体内でアレキドン酸に変えることができます。

高齢の動物(特に猫)には、γ-リノレン酸は有効に働き、脂肪酸の代謝に影響を及ぼす糖尿病や肝臓、甲状腺の病気の治療には欠かせません。

アレキドン酸には、血液を凝固させたり、被毛の状態を良くしたり、心臓と目の健康や生殖をサポートする働きがあります。ベニバナ油、トウモロコシ油、鶏脂などに多く含まれています。

カテゴリー: 犬の栄養学   パーマリンク

Warning: Division by zero in /home/users/2/lolipop.jp-uniquedog/web/wp-includes/comment-template.php on line 1415

コメントは受け付けていません。