犬の栄養学-(21)塩分についての誤解

●塩分についての誤解

「犬に塩分を与えてはいけない」ということをよく耳にしますが、これは誤解です。

もともとは「犬は低塩状態でも生きていける」という研究報告だったのが、いつの間にか、「塩分を与えてはいけない」というふうに変わって、ひとり歩きしてしまったのです。

十分に水分を摂っていれば、余分な塩分はおしっこと一緒に排泄されてしまうので、多少のことでは問題が生じるようなことはないと言われています。

カテゴリー: 犬の栄養学   パーマリンク

Warning: Division by zero in /home/users/2/lolipop.jp-uniquedog/web/wp-includes/comment-template.php on line 1415

コメントは受け付けていません。