ドッグフードの栄養学-(8)ウェットフード

●ウェットフード

ウェットフードは、缶詰やアルミトレー、レトルトパウチなどの密封容器に入っているフードです。

オールミートタイプとレーションタイプに大別されます。

ウェットフードには、総合栄養食もありますが、牛肉や鶏肉の缶詰の多くは、「栄養補完食」です。

総合栄養食には、6つの基本的な栄養素であるタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水分が含まれていますが、栄養補完食では、それらが全部含まれているわけではありません。また、エネルギー量も低く、低カロリーです。

牛肉や鶏肉、ラムなどの畜肉を原料にしているので、脂肪が多く含まれているのではないかと思いがちですが、実際には1.5~4%程度の脂肪しか含まれていません。豚ヒレ肉(1.7%)、鳥ムネ肉(1.9%)と同じぐらいです。

総合栄養食のドライフードの保証成分

粗タンパク質           25.0%以上

粗脂肪               14.0%以上

粗繊維                2.5%以上

粗灰分                5.3%以上

水分                 9.5%以下

100g当りエネルギー     406kcal

国産のウェットフード(牛肉の角切り缶詰)の保証成分

粗タンパク質           12.6%以上

粗脂肪                2.0%以上

粗繊維                0.5%以上

粗灰分                1.1%以上

水分                84.7%以下

100g当りエネルギー      85kcal

栄養補完食のウェットフードは、総合栄養食のドライフードと混ぜて与えることで、次のようなメリットがあります。

消化しやすいタンパク質の補充ができる。生肉に近い食感と匂いがあるので、犬の食欲をそそる効果がある。

水分含有率が高いのでドライフードの消化を助ける。夏場の水分補給にも役立つ。

ゼリー状のとろみ部分をドライフードに絡ませることで、食いつきが良くなる。とろみの成分は主にタンパク質や炭水化物で、必須栄養素もたっぷり含まれている。

ウェットフードは、製造工程で、原料の肉は、生の状態で缶に密閉された後、すぐに120℃の釜に入れられて加熱調理されています。

密封された状態で加熱殺菌が行われるため、雑菌が入ったり、酸素に触れることがないので、防カビ剤や酸化防止剤を入れる必要がありません。

きちんとした原料を使っていれば、缶詰のウェットフードは安心できるフードですが、使い残した場合には、冷蔵庫で保管して、早く使い切るようにします。

初めてウェットフードを与えると、犬の便がやわらかくなることがありますが、普段のものとは違うものを食べたので、消化器官が対応できなかった場合が多く、一時的なものです。最初は少量をトッピングして、徐々に増やしていきます。

粒状のドライフードでは、水分含有量は10%以下ですが、ウェットフードには、水分が75%以上含まれています。

カテゴリー: ドッグフードの栄養学   パーマリンク

コメントは受け付けていません。