ドッグフードの栄養学-(12)安全な添加物

●安全性が認められていて、食品への使用が許されている添加物

プロピレングリコール

保湿効果、保存性の向上が目的。生めん、ぎょうざ、ワンタンの皮などに使われる。半生(モイスチャー)タイプのドッグフードに使われていたが、赤血球に悪影響を与えると指摘され、現在は使用禁止になっている。

ソルビン酸

天然にも存在する脂肪酸の一種。(不飽和脂肪酸)。静菌作用がある。

アスパルテーム

アミノ酸系甘味料。アスパラギン酸とフェニルアラニンの2種類から構成されるジペプチド。

L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル(酸化防止剤)

塩化カルシウム(凝固剤)

クエン酸、クエン酸カリウム(酸味料)

クエン酸イソプロプル(酸化防止剤)

クエン酸カルシウム、グリセロリン酸カルシウム(強化剤)

酸性ピロリン酸カルシウム(強化剤)

パントテン酸カルシウム(強化剤)

メチルセルローズ(乳化安定剤)

硫酸カルシウム(凝固剤)

カテゴリー: ドッグフードの栄養学   パーマリンク

コメントは受け付けていません。