ドッグフードの栄養学-(24)栄養成分・炭水化物

●炭水化物 -エネルギー補給のために

炭水化物は、糖質と繊維質に分けられます。

炭水化物は、犬にとっては自然のエネルギー源ではないのですが、それを糖に変換することができます。

糖質は、皮下脂肪に中性脂肪となって蓄えられたり、グリコーゲンとして筋肉に蓄えられ、それらがエネルギーとしてつかわれるのです。

グレイハウンドはこのグリコーゲンを多く蓄えるといわれていますが、他の犬種でも妊娠中や授乳中のメス犬にとっては、即効性のあるエネルギー源になります。

肝臓に蓄えられたグリコーゲンには、肌荒れを防止する作用があるといわれます。

糖質の一部は血糖として存在し、脳細胞への唯一のエネルギー源になります。

一般的な炭水化物源は「でんぷん」です。調理したジャガイモのでんぷんは、消化が良いとされます。

カテゴリー: ドッグフードの栄養学   パーマリンク

コメントは受け付けていません。