ドッグフードの栄養学-(29)免疫力サポート食材

●免疫力をサポートする栄養素とそれが含まれる食材

病気や感染から体を守る免疫機能は、子犬の場合、生後数ヶ月で完成すると考えられます。

免疫機能は次の二つに分けられます。

細胞性免疫 : 

異物(抗原)を認識し、直ちに防御を開始する細胞(Tリンパ球、Bリンパ球、マクロファージ)

体液性免疫 :

生体内を循環し、毒素及び微生物と結合することで、これらを中和する抗体

抗酸化栄養素はこれらの免疫機能を高めるもので、ルチンやベータカロチンはワクチンの抗原認識を最適化する働きがあって、初めて予防接種を受ける子犬にとって大切なものです。

ビタミンA

免疫増強(抗体を作る力を活性化する)

ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、卵黄、レバー

ビタミンC

抗酸化作用(細胞膜を障害するフリーラジカルを中和する)

パセリ、ダイコン、トマト、ジャガイモ、サツマイモ

ビタミンE

抗酸化作用(脂質の過酸化を抑制して生体膜を保護する)

レタス、卵、カボチャ、モロヘイヤ

亜鉛

免疫増強(リンパ球を作る)、抗酸化作用(抗酸化酵素の活性化)

牛肉、レバー、貝類、ニンジン、マイタケ、昆布、大豆

アミノ酸

マクロファージの原材料になる

牛乳、卵、肉類、魚介類、大豆

オメガ3脂肪酸

免疫増強(リンパ球の活性)

魚類(サケ、イワシ、ニシンなど)、卵、赤み肉

カテゴリー: ドッグフードの栄養学   パーマリンク

コメントは受け付けていません。